2020年10月以降における活動内容の大幅見直しのお知らせ


【2020年10月以降における活動内容の大幅見直しのお知らせ】

おとえもじて主催者の綾屋です。
おとえもじての今後の活動についてお知らせいたします。

2020年4月より半年間、
コロナ禍においても引き続き、
おとえもじての当事者研究会を開催できるよう、
WEBミーティングへの移行に尽力して参りました。

その結果、6月ぐらいになると、
「WEBでもなんとなくこのスタイルで
これまでのリアルのおとえもじて当事者研究会の方法を再現できそうだ」
という見通しが持てるようになりました。

しかしその後、さらに数回実施して実感したことは
「リアルのおとえもじて当事者研究会の方法をWEBで再現するだけでは、
リアルのおとえもじて当事者研究会で生み出されていた
参加者同士のゆるやかな横のつながり(=場)を再現することは難しい」
ということや、
「WEBミーティングは多くの面で、綾屋の身体的特徴に適していない」
ということでした。

また、4月以降は、綾屋個人においても、
在宅勤務移行によって生じたさまざまな環境の変化によるものか、
はたまた年齢的な変化によるものか、
次から次へと心身の不調に襲われ、
日常生活に困難を抱え続けるようになりました。

以上の理由から、
今後の活動においては抜本的な活動内容の見直しを図る予定です。
綾屋が当事者研究会のファシリテーターを務めるのではなく、
これまで約10年、
参加者の皆さんと共に築いてきたおとえもじての活動の蓄積を
WEB環境を生かしながら伝えていく方法を模索し、
発達障害者がおこなう当事者研究を応援する場として
細々とではありますが、引き続き活動していきたいと思います。

なお、具体的な内容についてはこれから検討しく予定です。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

おとえもじて
主催者:綾屋紗月